悪徳商法 と は

  • 消費者問題で司法書士に依頼できること

    消費者問題に巻き込まれてしまった場合、代金を取り返す解決方法して、契約を解除するこ、裁判で勝訴判決を得るこがあります。 司法書士、消費者問題のご相談に対してアドバイスをし、必要に応じて解約申入書やクーリングオフの内容証明の作成などを行っています。また、司法書士、認定司法書士であれば簡易裁判所の代理権...

  • 悪徳商法の種類

    悪徳商法、振り込め詐欺、架空請求詐欺、ワンクリック詐欺、マルチ商法、キャッチセールスや資格商法の強引な契約、催眠商法、内職商法、点検商法、モニター商法など様々なものがあります。 ■振り込め詐欺振り込め詐欺いえば単純なオレオレ詐欺のようなものを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、近年、手口が複雑化しており、...

  • 登記申請を司法書士に依頼するメリット

    法人登記の申請、会社の設立や組織の変更の際の非常に重要な手続の一つです。登記制度いうの、会社の事業についての重要な事実を公示するこで、取引の相手方など会社関係をもつ方の信頼を得て、取引の安全を図るこにあります。いわば会社のプロフィールのようなものですから、正確な内容を登記に反映させる必要があります。

  • 設立後の変更登記手続きについて

    法人登記、会社設立の際に必ず行うものですが、事業が進むにつれて登記簿上に記載されている内容、実際の内容が変わってしまった場合、登記必ず変更する必要があるます。 そもそも、登記制度、会社取引をする相手方や社会的な信用のために、会社についての重要な事項を公示しておく制度であり、いわば会社のプロフィールです...

  • 法人の種類

    法人、個人の人間をさす「自然人」に対する言葉で、自然人以外で法律上の権利義務の主体認められているものをいいます。わかりやすいもの「一般財団法人」や「宗教法人」など、「〇〇法人」いう言葉を目にするこが多い思います。このほか、〇〇法人いう名前でなくても、株式会社など、法律上の権利義務の主体である認...

  • 商業登記とは

    商業登記、会社についての情報を登記簿に記載するものです。その会社取引をする人などに、会社の所在地や資本金の額、代表者など、取引上重要な事実を公示するこで、信用の維持や取引の安全を図るためのものです。会社を設立する、この商業登記をしなければ法律上「会社」して認められません。そして、登記簿上の記載実...

  • 執行書類作成を司法書士に依頼する理由

    民事執行手続、債務者が債務の履行が十分に受けるこができないき、債権者が、債権を回収するために、担保や財産を差し押さえて強制的に債権回収を実現する手続きです。もっも、いくら債務が返済されないからいって、相手のころにいきなり押しかけて財産を奪い取るような「自力救済」の方法禁止です。そこで、強制的に債権...

  • 債権執行手続きを行うケースとは

    債権執行手続き、金銭債権の実現を目的する民事執行手続きのひつで、債務者が第三者(第三債務者いいます)に対して有する債権を、債権者が差し押さえて換価するこで、債権の回収を図る手続のこです。 例を用いて説明する、例えば、Aさんが株式会社Pに勤務しているする、Aさん会社に対して給与債権をもっている...

  • 強制執行(差し押さえ)までの流れ

    強制執行、債務者に対して有している債権を強制的に回収する手続きをいいます。「強制執行」いっても、債務者の財産を無理やり奪い取るような「自力救済」禁止されていますから、裁判所に強制執行を申し立てて、法律に従って手続きを進めていきます。 強制執行の申立てをするに、前提して、強制的に実現されるべき権利の存在...

  • 担保不動産の競売手続きとは

    「オークション」に代表される、多くの人に値段を付けさせもっも高い値段を出した買い手に売る方法です。その中に、裁判所が行う競売があり、これを特に「けいばい」読んで一般的な競売区別しています。 裁判所が行う競売(けいばい)、主に担保権の実行しての競売や強制競売が多く、民事執行法に規定されています。抵当を例...

  • 金銭トラブルの問題解決を司法書士に依頼できるケース

    こうした金銭トラブルについて、司法書士がお悩みの方とともに解決を目指します。具体的に、上のケースにおいて、民事訴訟を行使することとなります。例えば、貸金返還請求や、家賃返済請求、地代返済請求、敷金返済請求などがあげられます。また、場合によって損害賠償請求なども考えられます。 また、以上のような法的手続きのみを...

  • 被相続人の借金回収方法

    ■被相続人の借金を回収するに被相続人(亡くなって相続された方)の借金を回収するに、相続人が被相続人の借入金などの債務を法定相続分の割合で承継しているため、相続人に当該債務(借金)を請求するこにより借金を回収するこができます。また、相続人が複数いる場合に、借金基本的に相続人に同額ずつ分配され負担されるた...

  • 債権回収の方法と流れ

    債権の回収に、以下のような方法が存在します。 〇内容証明郵便での催促による回収内容証明郵便の送付により、相手に債権回収に関する心理的プレッシャーを与えます。 〇交渉による回収内容証明郵便の送付後、相手債権の支払い内容を交渉するこによって、具体的に分割で支払うなどの方法をるこにより示談によって債権を回収...

  • 個人間のお金の貸し借りによる金銭トラブルを解決する方法

    友達にお金を貸したのに返ってこないいった金銭トラブルが発生した場合、金銭のやり取り、貸し借りの間に明確な借用書が存在するこも多くなく、少額の借金に対し専門家に解決を依頼するの高額な費用が掛かるため、金銭債権を回収できず泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。そこで、そうした金銭のトラブルに対して債権...

  • 相続問題で司法書士に依頼できること

    ■相続問題で司法書士に依頼できるこ司法書士の相続における主な業務、相続登記なります。そのため、被相続人がなくなり、相続が開始した場合に、多くの場合で不動産が相続対象なるため、相続発生時に司法書士にご相談いただくこがおすすめなります。 また、不動産の相続登記のみならず、司法書士裁判所に提出する...

  • 相続放棄のメリットと期限

    相続に、3種類の方法が存在します。 〇単純承認単純承認、遺産をすべて相続する相続方法をいいます。 〇限定承認限定承認、遺産の中で経済的にプラスなるもの(不動産、自動車、株など)から経済的にマイナスなるもの(借金など)を差し引き、経済的にプラスなるものだけを相続する相続方法をいいます。 〇相続放棄

  • 相続登記の手続きについて

    ■相続登記相続登記、亡くなった方の名義になっている土地・家・マンションなど不動産の名義を財産を引き継ぐ相続人に変える手続きをいいます。相続放棄の手続きに3か月以内、相続税の申告10か月以内いった期限が存在しますが、相続登記について期限が定められています。相続登記を自分で行う際の、全体の手続きの流れ...

  • 遺言書の効力と作成するメリット

    ■遺言書の効力遺言書に、自ら作成する形式である自筆証書遺言や、公証人もに作成する形式である公正証書遺言、また秘密証書遺言などが存在しています。そのうえで、こうした遺言書にどういった効力が認められているのかについて以下にご紹介します。 〇相続人の廃除民法893条の規定により、法定の廃除自由が存在する者...

  • 休眠担保権の抹消手続きの問題点

    抵当権者連絡が取れない休眠担保権の抹消手続き、以下のような方法が考えられます。 ・現在の所有者が当時の弁済を証明して抹消登記を申請する当時の借用書、元金、利息の弁済を証明する領収書などをつけて、現在の所有者から抹消登記を申請するこが考えられますが、弁済を証明する書類を全て揃えるこても難しいいえます。...

  • 休眠担保権とは

    休眠担保権、明治、大正から昭和初期にかけて設定され、その後すでに完済しているかどうかも分からず、抵当権者の連絡も取れずに長年にわたって放置されている抵当権などの担保権のこです。 休眠担保権を放置した場合のデメリットについてご説明します。一般的に担保がついたまま不動産を買う人んどいません。したがって、...

  • 条件付賃借権仮登記とは

    条件付賃借権仮登記何か説明する前に、まず、仮登記何かご説明します。 仮登記、本登記をするために必要な要件が揃っていない場合に、将来本登記をするこを前提にして、あらかじめその順位を確保するためにする登記のこをいいます。仮登記がある物件、本登記をされてしまうリスクがありますが、中に抵当権の抹消一...

  • 抵当権とは

    抵当権、住宅ローンなどでお金を借りた際、万が一借りた人が返済できない場合に、土地や建物を担保する権利のこです。 住宅ローンを組む際に、購入する不動産を担保にするこがよくあります。金融機関、ローンの返済が滞った場合の借入金の回収手段して、不動産に抵当権を設定します。担保されている借金が返済できなくなっ...

  • クーリングオフの方法とは

    クーリングオフ、電話やメールでなく必ずハガキなどの書面で行う必要があります。そして、郵便局の窓口から内容証明配達証明を利用して郵送します。そうするこで相手方に内容を通知したこの証拠を作るこができます。 内容証明郵便、書面の記載内容や差出人、宛先を謄本により証明する郵便サービスです。同時に発信日も証明...

  • クーリングオフ制度と期間について

    クーリングオフ制度、契約をした後、消費者に冷静に考え直す時間を与え、一定期間内であれば無条件で契約解除ができる制度です。クーリングオフ制度、訪問販売や電話勧誘販売などの不意打ち性の高い取引やマルチ商法内職商法などの複雑な取引についての例外的な制度なので、全ての取引にこの制度があるわけでありません。 クーリ...

よく検索されるキーワードKeyword

資格者紹介Staff

佐野愛次司法書士の写真
佐野 愛次(さの あいじ)

千代田区・神田にて司法書士業務を営んでいます。不動産登記はもちろん、法律相談、債務整理、遺産相続、会社設立、債権回収や裁判業務も積極的に受任しております。東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県に加え、出身である静岡と山梨、長野の一部地域のご相談も可能です。(ただし、山梨に接しているところなら対応は可能です。)

高齢者や悪徳商法などでお困りの皆様のお力になりたいと思っています。ADR(裁判外解決手段)調停人、いのちを守る相談会の相談員、東京司法書士会ホットライン相談員、悪徳商法バスターズなどのボランティア活動に積極的に参加し、身近なお悩みの法務(ホーム)ドクターとしてお役に立ちたいと考えています。

金融機関に勤めていた経験を活かし、実務に強い司法書士です。企業から個人まで法的・精神的にサポートをいたします。ぜひお気軽にお話をお聞かせください。

  • 所属・資格・活動等
    • 司法書士(東京司法書士会所属) 認定番号 第701394号
    • 行政書士資格取得
    • ADR(裁判外解決手段)調停人
    • いのちを守る相談会の相談員
    • 東京司法書士会ホットライン相談員
    • 悪徳商法バスターズ会員
    • 消費生活相談員として関東近郊で活動中
  • 経歴

    静岡県静岡市清水区生まれ、富士宮市育ち。大学卒業後、都内大手信用金庫入庫。中小企業のサポートや不動産取引、大手電化メーカーを担当しながら、平成5年に行政書士、平成9年司法書士試験に合格し、平成14年に司法書士事務所を開設しました。

    登記業務、相続や離婚の相談、債務整理、破産手続き、一般民事事件、裁判業務と幅広く業務をおこなう傍ら、大学の講師、受験専門校の講師も歴任し、民法等関連法規の知識を習得すると共に、法的思考とバランス感覚を身に付け、常に物事の本質を見極めるよう努力してまいりました。

事務所概要Office Overview

事務所名 愛次司法書士事務所
所在地 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目24番21号 加瀬ビル173 909号
TEL/FAX TEL:03-6822-7850 / FAX:03-6822-7851
代表資格者 佐野 愛次(さの あいじ)
沿革

平成5年 行政書士資格取得

平成9年 司法書士資格取得

平成29年 消費生活相談員資格取得

対応時間 平日 9:30~18:00 (事前予約で時間外も対応可能)
定休日 土曜・日曜・祝日 (事前予約で休日も対応可能)